LINEで送る

インプラントがおすすめな理由

インプラント

歯を抜いた後の治療として、現在選択できるのがインプラントとブリッジ、そして入れ歯です。この中で最も良い治療と考えられるのはインプラントです。保険が適用されない自由診療となってしまいますが、仕上がりの良さは他の2つとは比べられないほど素晴らしいものです。たとえば、奥歯を抜歯した場合、見えない部分なのでブリッジという手もあります。しかし、両隣の健康な歯を削らなければなりません。また両隣のどちらかが虫歯や根の炎症を起こしてしまった場合は、せっかくのブリッジも再びし直さなければなりません。奥歯であれば見えないので1本だめになってもそのままという人が少なくありません。しかし、2本ダメになった場合はさすがに物を噛むのが困難になります。しかも2本の場合は、ブリッジもできなくなります。この場合は部分入れ歯かインプラントになります。しかし、部分入れ歯はとても付け心地が悪いというデメリットがありますので、インプラントが良いと思われます。奥歯は最も強く力がかかる部分なので、2本だめになったときはしっかりと治療する必要があります。多少お金がかかってもインプラントで治療を行えば、交換することが少ないことでしょう。

 

↑PAGE TOP